施設紹介

ご挨拶

正面玄関

「横浜あおばの里」は平成16年3月1日に開所し、皆様方のご支援により13年を経過いたしました。 この間、平成18年に22床の増床と露天風呂、足湯コーナーを新設し、ご利用者様・ご家族様や地域の方々に満足していただける施設を目指し、職員一同努力してまいりました。 平成24年、介護報酬改定があり、ますます進む高齢者社会で介護保険の仕組みも変化してきました。このような動きのなか、「横浜あおばの里」は在宅復帰支援施設として能力を備えてまいります。他職種協働による質の高いサービスを提供し、早期の在宅生活復帰へむけ、誠心誠意サポートして参ります。そして、地域の皆様に信頼され、強い絆でつながる「施設」にしていきたいと思っております。 よろしくお願い申し上げます。

平成29年4月1日
施設長 板倉 紘一

理念

施設外観横浜あおばの里は利用者様の意思及び人格を尊重し、常に利用者様の立場に立って質の高い最良のサービスを提供する。